先輩の声

お客さまに健康をお届けして、
自分も健康になれる仕事。

オフィスのお客さま担当

吉祥寺センター

藤田 真理子

2016年お仕事開始

ヤクルトレディになったきっかけは?

子どもが生まれた後も働きたいという気持ちはあったのに、なかなか認可保育園に入れず悶々としていたときに見つけたのが、ヤクルト保育園でした。親戚や友人にヤクルトレディをやっている人が多く、「適度な運動になるから健康にもいいし、やりがいもあるよ」とおすすめされたので、自分もやってみようと思いました。仕事をしたいという気持ちはあっても、やっぱり一番大事なのは子どもなので、しっかり子育てと両立できる環境で働けるのは嬉しいです。

ヤクルトレディのいいところは?

慣れてきたら、お客さまやセンター(活動拠点)の仲間と相談して働き方を調整すれば、子供の行事や体調などを優先できるので助かります。ヤクルトレディはお客さまに健康をお届けする仕事なので、「これ飲んでたら体調よくなったよ」「藤田さんはいつも笑顔で元気もらってるよ」など、お客さまから感謝の声をいただけるのも嬉しいですね。もちろん自分もヤクルトの商品を飲むようになりますし、適度に身体を動かして働けるので、お客さまに健康をお届けしながら、自分も健康になれる仕事です。

ヤクルトレディの大変なところは?

外を移動する仕事なので、天気が悪い日は少し大変です。前に一般家庭を担当していた時、雪の日にお客さまのお宅に伺ったら、「わざわざこんな日にまでありがとう」と言ってくださって、タオルを持ってきていただいたことがあります。そんな風にお客さまから心配していただいたり、気にかけていただけることが多いので、天気が悪い日も頑張ろうという気持ちになりますね。お客さまと直にお会いしてコミュニケーションがとれるからこそ、この仕事が続けられていると思います。

お客さまから話しかけてくれて、
緊張がほどけていきました。

センターの仲間と喋っていたくて
帰りたくなくなったこともある。

子どもの病気や行事のときも
休みにくさを感じることがない。

娘が好きなものを販売できるって
母親としても嬉しいこと。

pagetop