先輩の声

ママの多い職場だから、
ママの悩みを理解してくれる。

一般家庭へのお届け担当

阿佐谷センター

石川 香織

2015年お仕事開始

ヤクルトレディになったきっかけは?

3年前、ヤクルトレディをしていた友達の紹介で始めました。当時、子どもは4歳と1歳。保育園と働き先を探していたので、ヤクルト保育園を利用できるヤクルトレディの仕事は私にあっているなと思いました。仲の良い人がいる、というのも心強かったです。実際にセンター(活動拠点)で働いてみると、ほとんどの方がママさんのため、子育ての相談ができますし、いろいろと気遣ってくださるので助かっています。

ヤクルトレディのいいところは?

センター(活動拠点)の方々も、お客さまも、良い方ばかりです。お客さまとの交流でいえば、子どもの熱で休んだ日の翌日に「どうしたの? 来なかったから心配したよ」と声をかけていただいたこともあります。ヤクルトレディは、1人ひとりが個人事業主。でも、確定申告は会社がバックアップしてくれるので、仕事に専念できます。周りの支えが大きいのは、大きな魅力です。また、ヤクルトの基礎化粧品が従業員割引で買えるのでお得です。

ヤクルトレディの大変なところは?

梅雨時、雨が多い時期は大変です。乗り切る工夫は、考えないようにすること。「夏になったら家族と遊びに行こう」など楽しいことを考えると、ほんの少し楽になります。また、仕事を始めたばかりのころは、慣れるまで少し大変かもしれません。でも、周りの方にフォローしてもらえるので前向きに働けます。このセンター(活動拠点)で働けて、先輩たちと出会えて良かったと本当に思います。これからも長く続けていきたいです。

下町ならではの、
人情が感じられる
仕事。

暑い日は、
お客さまが冷たいお茶を
出してくださったり。

70歳になっても、
働いていたい職場。

点数不足で
認可保育園に入れられず、
こまっていました。

pagetop