先輩の声

暑い日は、
お客さまが冷たいお茶を
出してくださったり。

一般家庭へのお届け担当

狛江センター

伊藤 麻衣

2015年お仕事開始

ヤクルトレディになったきっかけは?

ポストに入っていた募集のチラシです。子どもを保育園に入れることができず、仕事をすぐに始めたいと思っていた時期だったので、気になっていました。ある日、たまたま散歩で狛江センターの前を通りがかり、中を見学させていただいた際、楽しそうに働いている方がいっぱいいて、ここで働きたいという思いが強くなりました。実際、このセンター(活動拠点)は面白い方が多く、いつも笑って仕事をしています。

ヤクルトレディのいいところは?

働いているのがみんなママなので、子育てに対する理解があることです。育児の悩みについて相談できますし、子どもが急に熱を出したときでも「休んでいいよ」と温かく声をかけてくれます。仕事面では、お客さまとのつながりです。たとえば、団地で1人暮らしをされている高齢のお客さまなど、ヤクルトが目的というよりも私と会うことを楽しみにしてくださっている。それはありがたいなと思いますし、うれしいですね。

ヤクルトレディの大変なところは?

夏場は暑くてもちろん大変です。でも、首に保冷剤を当てたり、木陰で涼むなど、工夫次第で負担を軽くすることができます。また、お客さまの中には「暑いでしょ」と冷たいお茶を出してくださる方もいます。大変な中にも、がんばろうという気持ちになれるのがヤクルトレディのお仕事です。私自身、実際にやるまではヤクルトレディを見たことがなく、よくわからない仕事でした。少しでも興味がある方はぜひ気軽に見学に来てほしいです。

下町ならではの、
人情が感じられる
仕事。

ママの多い職場だから、
ママの悩みを
理解してくれる。

70歳になっても、
働いていたい職場。

点数不足で
認可保育園に入れられず、
こまっていました。

pagetop