先輩の声

子どもの病気や行事のときも
休みにくさを感じることがない。

オフィスのお客さま担当

大崎センター

萩原 廣美

2018年お仕事開始

ヤクルトレディになったきっかけは?

3歳の娘が喘息もちで病気をしがちなので、なかなか普通の職場では働きにくいのが悩みでした。そんな時にヤクルトレディをやっている友人から「子供に合わせて自分の働きたい時間帯で働けるよ」とおすすめされて興味をもちました。その後、マネージャーさんから詳しくお話を聞いてみて、子育てに合わせた勤務時間やヤクルト保育園など、自分の働きたい条件に合っている職場だと感じたので、働いてみようと思いました。

ヤクルトレディのいいところは?

やっぱりヤクルト保育園があって、子供を預けられるのが一番大きいですね。子どもの心配をすることなく、安心して働くことが出来ます。それに幼稚園の行事や子どもの病気などで休む時も、これまでは会社に許可を取るため休みにくい、申し訳ないと思うことが多かったのですが、ヤクルトではその休みにくさがないです。お客さまに相談すれば快く承諾してくれますし、センター(活動拠点)の仲間もサポートしてくれます。

ヤクルトレディの大変なところは?

雨の日などにもキャリーを押して歩かなければいけないので、働き始めの頃は少し大変だなと思いました。ただ、お客さまから「明日は天気が悪いから、無理に来なくても大丈夫だよ」と言っていただけることもあります。なかなか売上が上がらなくて少し悩んだこともありましたが、マネージャーからアドバイスをもらったら改善することができました。お客さまやセンター(活動拠点)の仲間など周りのサポートがあるので、今は働いていて大変だと思うことはないですね。

お客さまから話しかけてくれて、
緊張がほどけていきました。

お客さまに健康をお届けして、
自分も健康になれる仕事。

センターの仲間と喋っていたくて
帰りたくなくなったこともある。

娘が好きなものを販売できるって
母親としても嬉しいこと。

pagetop