直感を信じてまずは一歩! 育児ができる短い期間を大切に(青木 由美子さん)/私らしい生き方・働き方

青木 由美子さん インタビュー

青木 由美子(あおき ゆみこ)さん

大阪府在住。夫、長男(小2・7歳)、次男(幼稚園年少・4歳)の4人家族。

日本こども色彩協会認定のマスターインストラクターとして、講師の育成や、0歳~小・中学生対象の色彩知育教室の運営、大人向けの講座を開催して4年目。

 

子育てママでも仕事ができる

育児を優先にしながら、仕事も楽しみたい! 自分の気持ちと向き合って

育休中に資格取得 そのまま独立の道へ

私は独身だった時に7年ほどフルタイムで研修講師の仕事をしていました。

子どもが苦手だった自分が出産することになり「こんな私に育児ができるのか!?」と不安に思い、本やインターネットで子育て情報を片っ端から読みあさっていました。そんな中、今の協会のメソッドと出会いました。最初は自分の子どものためにと勉強はじめたのですが、メソッドにとても感動し、すぐさま講師資格を取り、教室運営を始めました。青木 由美子さん仕事風景

実はその当時は2人目の育休中で、復職したら副業申請をして教室運営をするパラレルワークをしようと思っていました。

 

『自分が本当に望んでいるもの』を真剣に考えて

しかし、実際に仕事復帰をし、休日は教室運営をするという休みなしの状態を想像した時に、体力への不安がありました。また一人目の育児の際に、時短勤務していたにも関わらず、子どもとの時間が十分に取れないことを悩みに感じていました。

そのため、「今の自分は何を一番に望んでいるのか」を真剣に考えました。

自分と長い時間向き合ったところ「心から楽しいと感じるやりがいがある仕事をしたい「子どもの成長を最優先してイライラしない時間配分をしたい」というのが私の理想だと気づいたのです。

正直、毎月決まったお給料がいただけることや福利厚生などは魅力的で、産休・育休中もずっと迷い、退職を決意するまで丸3年かかりました。

決め手は、夫が「やりたいことをやればいい。食べるのに困らないようにはするから」と背中を押してくれたことでした。

 

子どもと一緒にいられる時間は短いから

実は夫婦そろって自営業。なので、仕事と育児のバランスは自分たち次第。
夫は「子どもと一緒にいられる時間は短いから、大きくなるまでの数年は少し仕事をセーブする」と言ってくれていて、育児にも協力的です。

私の仕事を応援してくれているので、教室のある週末はなるべく休みにして息子たちの面倒見てくれます。
夫婦で「やりたいことは何でもやってみればいい」というスタンスで、お互いの仕事を尊重し合っています

私が遠方に泊りがけで出張に行く時も、文句ひとつなく送り出し、家事と育児を引き受けてくれる頼りになるパートナーです。青木 由美子さん家族

 

自営業だからこそ 出来ること・大変なこと

自営業では会社とは違って変わりがいません。子どもがちょっと熱を出すだけで仕事ができなくなってしまうのが悩みです。

普段から、食事を意識したり、睡眠時間をしっかりとったり、病気になりにくいように健康面にはかなり気を使っています
おかげで親子共々病気はほとんどなく過ごしています!

まれに熱が出るようなことがあった際など、どうしようもない時は両親に頼ることが年に数回ほどありますが、基本的には私と夫のどちらかが休みを取ります。
「子どもに手がかかるのもせいぜい10年くらいのことかな」と思って仕事を入れすぎないようにしているからできることかもしれません。スケジュール帳とコーヒー

行事の時も同様に、夫婦どちらかだけでも必ず参加するようにしています。
私が行事に参加できず夫だけ参加すると、先生から「あら!?お父さんだけですか?」と驚かれることもあります。そう思うとまだまだ父親が協力的な家庭は少ないのかも知れません。

 

子どもも一緒に働ける職場

今の職場では「子どもが一緒の方がみんなの勉強にもなるよね」ぐらいの勢いなので、職場の理解や協力はめちゃくちゃあります!

ミーティングや勉強会では、0歳児でも一緒に参加するのが当たり前のようになっています。赤ちゃん連れ会議

 

やりがいは周囲にかけてもらえる嬉しい言葉

子どもたちの将来のためにと思ってやり始めた仕事ですが、幸せなことに私自身が日々気づきをもらい成長させてもらっています

学んだことをまた教室や講座で還元することで、親御さんから「子育てが楽しくなった」「ありがとう」と喜んでいただけることがやりがいです。

教室の生徒である子どもたちの言動にも励まされています!
「前の日から楽しみにしてるんですよ」「(教室は昼からなのに)朝から行きたいと言ってました」「家では先生のマネしてます」などなど…!
子どもたち本人はクール?ツンデレ?なのか、私の前ではそんな素振りをみせないのでとても嬉しかったです。青木 由美子さん指導風景

また、最近は自分の子どもたちからも嬉しい言葉をもらいました。

ある日、小学生の長男が「お母さんが色彩知育教室やっててよかった。そのおかげでオレ色んなことが勉強になってるから」と言ってくれた時、この仕事をしていてよかったと心底思いました。

4歳の次男も応援してくれていて、私が仕事へ行く時に「いまから、しきさいちいく、いくの?いってらっしゃーい!」と送り出してくれます!青木 由美子さん親子

 

夢は大きく! 色彩知育を広めたい

私は、もっともっと色彩知育の素晴らしさを広めるべく、教室運営以外にもできることを模索中です。

最近はご要望をいただいた保育園に、カスタマイズしたプログラムを提供することもあります。

今後は講演会などもしたいと考えています。青木 由美子さん

 

直感を信じて、まずなんでもやってみよう!

これから仕事を始めようと悩んでいるあなたへ。

仕事に限らず、私はまず「やってみよう」と思うことが何よりも大切だと思います。

「できるかな」「無理かも」と思う時もありますが「これいいな」と思う気持ちを信じて、とにかくやってみる!やって失敗しても笑い話にできます。でも、やらない後悔は一生続きます…。

ぜひ何事も、まずは一歩を踏み出して進んでみてくださいね!青木 由美子さん

 

 

一日のスケジュール

5:00 起床、瞑想、運動(筋トレやストレッチ)
6:30 掃除、洗濯、朝食準備
8:00 幼稚園見送り
9:00 仕事(パソコン作業、執筆、教室)、読書など
17:00 幼稚園お迎え(14:00にお迎えに行くことも)、夕食準備
18:30 夕食
19:30 入浴
22:00 就寝
ヤクルトレディになりたい