家庭でも職場でも笑顔でいたい! 完ぺきを求めすぎずに楽しもう(水迫 裕美さん)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

水迫 裕美(みずさこ ひろみ)さん

東京都在住。夫と3歳の息子、1歳の娘の4人家族。
趣味は、手芸とゴルフ。2022年5月からヤクルトレディとして働いている。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

家庭でも職場でも笑顔でいたい! 完ぺきを求めすぎずに楽しもう

ヤクルトレディになったきっかけ

私はヤクルトレディとして働く前は、6年間カーディーラーにて受付業務を経験後、専業主婦をしていました。そして、今年の5月からヤクルトレディとして働き始めました。

ヤクルトレディとの出会いは、まだ息子が6か月の時でした。散歩をしているときにヤクルトの社員に声をかけられ、ヤクルト保育園のイベントに参加しました。でも当時は引っ越したばかりで、慣れない土地での子育てと家事に余裕がなく、お断りをしました。

それから3年後、娘が10か月になった頃「1歳になったら働こうかな」と考えるようになり、求人サイトに登録しましたが、条件に合う求人が少なく、悩んでいました。そんな時に友人がヤクルトレディを始め、そのタイミングで以前声をかけていただいた社員から連絡をもらい、始めることを決めました。

決め手は、子どもと過ごす時間や家事の時間を確保しやすいことです。話を聞いていくうちに、有効的に時間を使うことができ、子育て・家事・仕事すべてを無理なく行うことができると思えました。

↑ お散歩をしている水迫さんとお子さん

家事は優先順位をつけて、スムーズに

まだ仕事を始めたばかりなので、忙しい毎日を過ごしていますが、笑顔でいることを心がけています。そのためにも、すべてを完ぺきにしようとせず、余力を残すことを意識しています。

専業主婦のときと同じように家事をすることは難しいですが、優先順位を決めるようにしてから、毎日がスムーズにまわるようになってきました。家事を曜日ごとに分けて行うことも、工夫のひとつです。
夫も娘たちの送迎など、仕事を調整しながら協力してくれるので、助かっています。

これからも、無理のない範囲で家事も仕事も楽しみながらできたらいいな、と思っています。

↑ 水迫さんお手製の帽子をかぶるお子さん

働いて感じるヤクルトレディの魅力

ヤクルトには保育園があり、安心して子どもを預けながら仕事ができる環境が整っています。
子育てだけではなく、趣味や自分のライフスタイルに合わせた働き方ができることが魅力です!

休憩中は、職場の方と料理や美容の話をして和気あいあいとしています。ヤクルトレディには、子育て経験のある人、グルメな人などさまざまな方がいます。周りの人が明るく元気なので、職場は私にとって、自然と元気をもらえるパワースポットのような場所になっています。

それに、お客さまから励ましのお言葉をいただくことも多く、お客さまの言葉は仕事の原動力になっています。お客さまとのつながりを大切にして、信頼関係を築いていけるヤクルトレディになりたいと思います。

働きたい子育てママへ

新しいことにチャレンジする時には不安を感じてしまうことがあると思います。私は仕事のブランクもあり、なかなか一歩踏み出すことができずにいました。

このコラムを読んでいる方で私と同じように一歩踏み出すことをためらっている方がいたら、「なぜ働きたいのか」「どのくらい収入が欲しいのか」など具体的な目標を立ててみてください。私は、ヤクルトレディだったら自分の目標が叶えられると感じて、始めました。

ヤクルトレディなら、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるので、あなたの希望を叶えられるかもしれません。

職場やヤクルト保育園の見学会も行っています。職場見学では、ヤクルトレディに質問することもできるので、興味のある方はぜひ、実際に働く人の話を聞いてみてください!

一日のタイムスケジュール

05:50 起床
06:10 家事(洗濯、お弁当づくり、朝食準備)
07:15 朝食
08:30 子ども達を幼稚園・ヤクルト保育園に送る
08:50 職場に到着、ヤクルト製品のお届け開始
13:30 お届け終了、昼食
14:15 子ども達のお迎え
15:00 公園行ったり、散歩したり子ども達との時間
18:00 お風呂
19:00 夕食
20:00 寝かしつけ、片付け、翌日の準備
22:00 自由時間
23:30 就寝

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい