親子で作って迎えよう!お正月工作/おやこde楽しむ工作 Vol.4

お正月工作 育児

クリスマスが終わり、街中もあっという間に年末年始ムードに。
間もなく新年がやってきます!

そんな季節に、簡単に楽しく作れる、お正月の飾りや遊び工作などをご紹介します。
お正月の食べ物や飾りには古くから込められた願い等があるため、それをお子さんへお話できるよう、お正月飾り等の意味(知恵袋)なども合わせながらご紹介しますね。

 

ヤクルトレディになりたい

作って迎える!お正月工作~正月飾り~

ミニ門松

ミニ門松 工作
門松とは、竹や松で作られたお正月飾り。玄関の前に立てられることが多いですよね。
そんな門松には、「年神様が迷うことなく家に来られるようにする目印」という意味があります。

ちなみに年神様とは、お正月にやってきて豊作や幸せを運んでくれる神様のこと。年のはじめに年神様が来てくだされば、1年間食べ物に困らず暮らせるそうです。

 

材料

  • ラップの芯
  • トイレットペーパーの芯
  • 毛糸(緑)
  • 麻ひも(茶色の毛糸でもOK)
  • スナック菓子の空き箱(ペットボトルや牛乳パックでも代用可)
  • 色画用紙(黄緑色)
  • 折り紙

 

<作り方>

  1. トイレットペーパーの芯とラップの芯に色画用紙を巻いて両面テープで貼る。先をつぶしてハサミで斜めに切る。長さを見ながら竹を3つ作る。トイレットペーパーの竹
  2. 土台を作る。
    お菓子の空き容器に両面テープをつけ、容器の下から麻ひもをぐるぐると巻いていく。ミニ門松工作手順
  3. 土台に、作った竹を入れる。
    竹の下の部分を少しつぶしながら入れるとgoodミニ門松工作手順
  4. 松葉を作る。
    ボール紙等に緑色の毛糸を10回ほど巻く。ボール紙から毛糸をはずし、真ん中を輪ゴムでとめる。
    両脇の輪になっているところをはさみで切る。同様の物を全部で3つ作る。
    門松工作手順
  5. 松葉を真ん中でおり隙間に入れていく。
  6. 装飾など好きなように折り紙や毛糸などで飾れば、完成!

 

ちいさな鏡餅

鏡餅工作
鏡餅は、年神様へのお供え物として玄関などに飾ります。そしてお正月の間、鏡餅は年神様の居場所として供えられます。
鏡開きの日に年神様のパワーをいただくために鏡餅を食べるといわれています。

 

材料

  • 新聞紙
  • キッチンペーパー
  • 折り紙
  • 爪楊枝

 

<作り方>

  1. 新聞紙を丸めてキッチンペーパーで包み、テープでとめておもちを作る。これを大小2つ作る。
  2. 新聞紙を同じように丸めてオレンジ色の折り紙で包み、テープでとめてみかんを作る。
  3. 折り紙を葉っぱの形に切り、つまようじにつける。
  4. 葉っぱのついた爪楊枝をみかん→おもち小→おもち大と上から刺して止めたら完成!

 

紅白餅花

紅白餅花
餅花(もちばな)は新しい年の豊作を祈願する祈りが込められています。
地域によって違いはありますが、今年一年食べるに困らないように、五穀の収穫が豊穣で有りますように…との願いをこめた飾りです。

 

材料

  • 木の枝
  • 粘土(小麦粘土や紙粘土)
  • 花瓶や空き瓶

 

<作り方>

  1. 木の枝を、入れ物に合わせて長さを調節する。
  2. 白と赤の粘土を用意する。
    (赤い紙粘土は、白い紙粘土に少しずつ赤い絵の具を入れて、絵の具がきれいに混ざるまでよくこねる)
  3. 白の粘土と赤の粘土を少量ずつちぎり、上から白、赤の順に間隔を開けながら枝につけていけば完成!
    (形が丸でなくても楽しんでつけていけばOKです)

赤・白でなくても色んな色で作っても楽しいですね。

 

作って迎える!お正月工作~正月遊び~

簡単コップでけん玉

けん玉工作
江戸時代には、鹿の角に穴を開けたものに球をつけ大人が遊んでいました。けん玉が現在のような形になったのは大正時代で、昭和に入ってからは子どもの定番玩具になりました。玉の赤色はご来光を思わせる、めでたいものだとも言われています。

材料

  • 紙コップ2つ
  • 折り紙・新聞紙
  • 毛糸1本(紐でも代用OK)

 

<作り方>

  1. 紙コップに絵を描いたり、シールをはったり楽しんで装飾する。
  2. 紙コップに千枚通しで穴をあけ、紐を通す。
  3. 紙コップの底の部分にでた紐を玉結びする。
  4. 紙コップ2つを底同士にくっつけてテープなどで貼り合せる。
  5. 紐の先端に新聞紙や折り紙で作った玉をテープでつければ完成!

 

レジ袋でつくる凧

レジ袋で作る凧
凧が高くあがるほど願い事が神様に届き、願いが叶う、子どもが元気に育つという意味があり、お正月定番の遊びとされています。

材料

  • 手持ちのついたビニール袋(レジ袋)
  • 紐(ビニール紐)

 

<作り方>

  1. ビニールに自由に装飾する。
    (絵を描いてもOK・スズランテープでヒラヒラをつけても楽しいですね)
  2. 手持ち部分にビニール紐を両側にしばれば完成!
手作り凧で遊ぶ子供

今回は2020年が楽しく迎えられるお正月工作をご紹介しました。
お正月遊びもすごろく・福笑い・こまなど、まだまだ沢山遊びがありますので、親子で楽しいお正月遊びを楽しんでみてください。

今後もこちらのコラムでは親子の時間を楽しみながら、簡単に作れる工作をご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年も皆さんにとって素敵な楽しい年・日々になりますように。素敵なお正月をお過ごしください。

 

もう1記事、親子de楽しむ工作シリーズ記事を読みたい方はコチラ

髙橋 明日香
髙橋 明日香/Asuka Takahashi
Neovation合同会社 役員
StudioPOP スタジオマネージャー
リトミック・ベビーマッサージ 親子教室講師
認可外保育園にて保育士として勤務、第1子を妊娠し妊娠8ヶ月で退職。産休育休期間に地域に密着した親子ふれあいサークルを立ち上げ活動。その後 リトミック教室を設立し地域に密着した活動を続ける。2016年にはダンス・親子教室等を行える自社スタジオを大阪市に設立。「一人で子育てしなくてええよ。大人みんなで子育てすればええやん!」「豊かに子育て」をコンセプトにママたちや子どもたちの「おたすけ先生」として教室だけでなくセミナーやメディアなどでも活動を行なっている。
自身現在は、8歳(小学2年生)・3歳・2歳・0歳の四人の育児に奮闘中ワーキングマザー。
「リトミックぽっぷ」公式HP
ヤクルト「いつもあなたと」