子どもと自分のために!仕事を始められたのは、周りのサポートのおかげ(万成 千愛さん)/私らしい生き方・働き方

ヤクルトレディ 万成 千愛さん親子 インタビュー

万成 千愛(まんなり ちあき)さん

ヤクルトレディ歴1年。朝霞センター在籍。
埼玉県在住。夫、子ども3歳の3人家族。

ヤクルトレディになりたい

仕事を始めたきっかけは「子どもと自分のため」

私が仕事を始めようと思ったきっかけは、「働きたい!」というよりは「子どもと一緒に成長したい」と思ったことでした。

というのも、1日中子どもと二人きりでいると「今日は何をしよう?」と漠然とした日々を過ごしていました。そんな時に、小さい子ども達はお友達との集団生活が良い刺激になるし、私も外で仕事をすることで子どもと一緒に成長できるのでは、と考えたのです。

子どもを保育園に預ける前は不安でしたが、慣らし保育で楽しそうに遊ぶ子どもをみて安心しました。まずは、「自分のペースでやってみよう!」と、一歩踏み出しました。

 

不安は、周りのサポートで解消!

新しい仕事は何もかもが初めて。1番不安だったのは、約5年のブランクがあったこと。
それに加えて、生活リズムが変わること、新しい職場や人間関係になじめるかどうかが心配でした。

特に最初の3ヶ月は新しい生活に慣れるのに大変でしたが、研修でいろいろな知識を学ぶことが出来たので安心しました。明るい雰囲気の職場なので、不安なことや分からないことは先輩に確認し、その都度一つ一つ解消しています。

だんだんと自分のやり方も確立され、スムーズに1日が終えられるようになっていました。

 

ヤクルトレディ 万成 千愛さん

「人との繋がりを感じられる」仕事

私はヤクルトレディのお仕事をすることで、直接お会いしてお話しするお客さまや、何気ない会話ができる仕事仲間にいつも元気をもらい、人と人との繋がりを強く感じられるようになりました

これからも、お会いする皆さんを笑顔にできるようなヤクルトレディでいることが私の目標です!

 

つながり 思いやり イメージ

家族のサポートと思いやりがあってこそ

主人はいつも「無理しない程度に働いてくれたら充分だからね」と言ってくれています。自分のペースで仕事ができるのも主人の優しい言葉があるからです!

私が働きだしてから、休日も子どもの世話を以前よりよく見てくれるようになりました

ヤクルトレディ 万成 千愛さん

職場はお互い助け合いの精神が根付いていますので、休暇を取りたいときや子どもが急病のときは同僚がお届けを代わってくれます。ママが多い職場だからこそ根付く体制だと思います。

とはいっても、自分のお客さまには自分でお届けしたい!という想いがありますので、主人と交代で休みを取ったり、できるだけ自分たちで対応できるように工夫をしています。

 

保育園に通う子どもの成長

保育園に通うようになってから、子どもの成長を感じる機会が増えました。
絵本を読んでくれたり、1日の出来事を楽しそうに話してくれたりすることが最近1番嬉しかったことです。仕事の原動力にもなりますね。

読み聞かせイメージ

 

働くことに不安を感じているママへ

まずはやってみること! 気負わずに始めてみることが大事です。

その仕事があっているかどうかはやってみないと分かりません。
勇気を出して一歩踏み出すと、きっと新しい世界が見えてきますよ。

ヤクルトレディ 万成 千愛さん
一日のタイムスケジュール

06:00 起床
06:10 朝食、お弁当作り、身支度
08:00 家を出発
08:20 センター到着、お届けの準備
08:30 保育園へ子どもを見送る
08:50 お客さまへお届け
12:00 センター帰着
12:15 翌日の準備など
13:30 昼食
14:30 保育園に子どもをお迎え
15:00 帰宅
17:00 夕食の準備、夕食
18:30 お風呂
20:00 子どもの寝かしつけ
22:00 就寝
ヤクルト「いつもあなたと」