未経験からのチャレンジ! 自分に合わせて選べる働き方(白井 梨沙さん)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

白井 梨沙(しらい りさ)さん

東京都在住。夫と3歳の息子の3人家族とペットのミニチュア・シュナウザーと暮らすママ。
趣味は、写真と旅行。ヤクルトレディを始めて1年。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

未経験からのチャレンジ! 自分に合わせて選べるはたらき方

前職は調理師、現在はヤクルトレディ

以前、私は宮城県にあるカフェで調理師として働いていました。産前・産後休業や育児休業も取得し、子育てと両立しながら働いていましたが、夫の東京転勤が決まり、東京に行くことに。

東京でも前職と同じような仕事を探していたのですが、土日祝日休みで短時間の仕事がなかなか見つかりませんでした。それに加えて新型コロナウイルス感染症のこともあり、電車通勤をできるだけ避けたいと思うと仕事が見つからず、息子の保育園も決まりませんでした。

そんなとき、投函されたヤクルトレディ募集のチラシが目に留まり、応募したのがきっかけです。
子どもが預けられるヤクルト保育園と、職場が自宅から近い場所にあることがありがたかったです。

↑ 笑顔の白井さんと息子さん

未経験の職種だから感じる悩み

前職とは仕事内容が全く違うので、はじめは「暑い日の外仕事」に不安を感じていました。

私は東北地方に住んでいたこともあり、真夏の東京の気温には驚きました。それでも、先輩ヤクルトレディから、「制服のスカーフに保冷剤を入れると首がよく冷えていいよ」などアドバイスをもらいながら、初めての夏を乗り切ることができました。

そのほかにも、息子の登園しぶりに悩んでいました。
お届けの出発時間が遅れ、お客さまとのお約束の時間に間に合わないことも…。
「怒られるだろうな…」と思いながらお客さま宅に伺うと、怒るのはもってのほか「私の子どもも小さいときはね…」と自身のエピソードをお話ししてくださる方や、「大変だったね」と労いの言葉をかけてくれる方が多かったのです。
当時、子育てと仕事の両立でいっぱいいっぱいだった私は、温かい言葉に涙が出そうになったことを今でも覚えています。

それからすぐ息子は、保育士さんのおかげで新しい環境に慣れ、楽しく登園してくれるようになりました。私も仕事のペースをつかんで子育てと仕事の両立をスムーズにできるようになったと感じます。

↑ 趣味が写真の白井さんが撮影した写真

睡眠が大切!子育てと仕事の両立のために

そんな私は、子育てと仕事を両立するために、睡眠をしっかりとることを大切にしています。

特に私は寝不足になると、仕事のペースやパフォーマンスが落ち、家事もなんだかやる気が出なかったり、子どもにも小さなことでイライラしたり良くないことばかり起きてしまいます。
なので、基本的に子どもと一緒に寝てしっかり睡眠をとるようにしています。

↑ 白井さんが撮影した写真

働きたいママへ 勇気を出して、一歩踏み出そう!

子育てママは家庭のことや子どものことに割く時間が多く、ここに仕事もプラスされるのは大変と思い、働くことに迷っている方も多いと思います。ましてや、前職との仕事内容がかけ離れていると、不安は増すと思います。私もそうでした。

それでも、実際にヤクルトレディとして1年間働いてみて、自分の裁量で仕事を調整できることが魅力だと感じています。
早くお届けが終われば早く帰れますし、予定に合わせて仕事の時間を調整することもできます。働き始めは家庭やプライベートを重視した働き方、仕事に慣れてきて子どもに手がかからなくなったから、もっと収入が欲しい!となれば、その時の環境に合わせた働き方が実現できます!

私は、先輩ヤクルトレディやたくさんのお客さまに出会って気持ちも明るくなりました。それで家計も潤うのですから、これほど素敵なことはないと思っています。
まずは勇気をだして、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

一日のタイムスケジュール

06:00 起床
06:30 子どもを起こし、朝食、出発準備
08:30 ヤクルト保育園に登園
09:00 職場に到着、仕事開始
13:00 昼食
14:00 仕事終了
14:30 お迎え
15:00 掃除、洗濯、夕食の下ごしらえなど
17:00 お風呂
18:30 夕食
20:00 歯磨きなど済ませて、ベッドでのんびりタイム
21:30 就寝

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい