夏の紫外線は浴びた後のケアが不可欠! 最適なケア方法/いつまでも美しく! ママのための簡単美容法Vol.6

紫外線 美容

梅雨の時期は、気持ちの良い青空が見られる機会が少なかったですが、8月に入り、ようやく夏らしい天気になってきましたね。

ママにとって洗濯物が乾きやすいという嬉しい反面、紫外線という肌の大敵が新たな悩みのシーズン到来。ついうっかり日焼けしてしまった!なんてことありますよね。

そこで今回は紫外線を浴びた時のケアについてご紹介します。

 

子育てママでも仕事ができる

紫外線を浴びてしまったら

紫外線を浴びると赤く火照る人、肌がピリピリと痛む人、はたまた何も感じないけれど肌の色が変わってしまう人など様々です。

それは紫外線量や浴びていた時間、人それぞれの肌質などで変わってきます。

日焼けしてしまうと慌てて美白(※)のスキンケアに手を伸ばしてしまいがちですが、紫外線を受けてひどい場合はやけどのような状態になっていることがあるのでおすすめしません。

そんな時に美白のスキンケアを使うと美白の成分が刺激になってしまうことがあるので、使うのは肌の状態が落ち着いてからにしましょう。

※この記事内での美白とは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

 

紫外線ダメージにおすすめな『アフターサン化粧品』

それでは一体何を使うのが良いのでしょうか?

あなたは、紫外線を受けた肌をお手入れするための「アフターサン化粧品」というものがあるのをご存知ですか?

アフターサン化粧品とは抗炎症剤が配合されたカラミンローションや水性ジェルなどがあります。

カラミンローションとは粉末が入った二層式のローションなのですが、粉末が入っているためサラサラとした仕上がりになり普段のスキンケアとして使うのも気持ちがいいですよ。
また、お子さんが使えるものもあり、夏休みに屋外プールや海に行くという際に1本持っていくと家族全員で使えるので便利です。

アフターサン化粧品は一般的なスキンケアに比べて種類は多くないのですが、ドラッグストアのスキンケア売り場にひっそりと置かれていることが多いのでぜひチェックしてみてくださいね。化粧品イメージ

 

紫外線による水分不足は保湿効果の高いフェイスパックを

紫外線による乾燥を感じたら保湿効果が高い化粧水や乳液でケアをするのが有効ですが、忙しいママには保湿効果の高いフェイスパックがおすすめです。

フェイスパックだとつけたまま家事やお子さんのお世話ができるので『ながらケア』に最適です。

デイリー使いできる大容量のフェイスパックが多く展開されていますが、紫外線による乾燥が気になった時は、できれば分厚くて保湿成分がたっぷり入ったフェイスパックを選ぶといいでしょう。

推奨されている時間以上つけると逆に肌が乾燥してしまうので、肌に乗せる時間には気をつけてくださいね!フェイスパック

 

うっかり紫外線を浴びたら肌に合わせてケアをしよう

今回はうっかり日焼けをしてしまった時のケア方法をご紹介しました。
夏本番になると日焼け止めを塗っていてもうっかり焼けてしまうことがあると思います。
ぜひそんな時の参考にしてみてくださいね。

 

ママのための簡単美容法シリーズ

他の記事を読みたい!!

皆川美穂
皆川 美穂/Miho Minagawa
コスメコンシェルジュ・美容ライター
宮城県出身の転勤妻ライターです。
大学在学中に国内大手化粧品メーカーの美容スタッフとして勤務したことがきっかけで美容好きに。
メーカーの枠に捉われず化粧品を選べるようになりたいと思いコスメコンシェルジュを取得しました。
現在、複数のウェブメディアでライターとして活動中です。
ヤクルトレディになりたい