私にもできた! 子育て・仕事・趣味に全力をそそぐ充実した毎日の実現 (大枝 愛美さん)/私らしい生き方・働き方

大枝 愛美さん インタビュー

大枝 愛美(おおえだ まなみ)さん

ヤクルトレディ歴1年。
三鷹センター在籍。
東京都在住。夫、長男10歳、次男4歳、三男2歳の5人家族。

1歳の三男を連れながらの仕事スタート!

仕事をしたいのに保育園が見つからなかった

私が仕事を探し始めたのは、三男が1歳になる前でした。しかし保育園探しが難航。託児先がなく悩んでいました
そんなある日、街中でヤクルトレディを見かけ、ふと興味を持ち、インターネットで求人情報を調べてみました。そして、ヤクルトレディになると抽選などもなく、1歳から預けられる保育園があることを知り、応募したことがきっかけで、私もヤクルトレディになりました。

不安や心配は職場仲間に相談して解決!

とはいえ、仕事を始める前は、きちんと仕事を覚えられるのだろうかと不安でした。

しかし、最初から一人で仕事をするのではなく、マネージャーがお客様へのお届けに付き添ってくれたり、なかなか業務内容を覚えることができず苦労していると、先輩や同期が丁寧に教えてくれたり、アドバイスをくれたり、一緒に働く仲間のお陰で安心して仕事を始め、スムーズな業務を行えるようになりました

その後も分からないことがあれば聞くように心掛けています。

『完璧』を求めず、朝に余裕を

働き始めはライフスタイルの変化に、特に朝起きてから家を出るまでの時間がバタバタで大変でした。

そこから両立にむけ、様々な工夫をしています。
例えば、洗濯を夜のうちにしておくなど、前日にできることは済ませるようにしました

また「家が完璧な状態で出勤する」ことをあきらめました。朝食の食器洗いは帰宅後にしています。

「こうしなくてはいけない」という考えを捨てて発想の転換をするだけで、朝の時間に余裕が生まれました。

朝、窓に向かう女性

 

両立への理解や協力を生む、温かい職場の雰囲気

職場は和やかな雰囲気ですので、子どものことや最近あった出来事など、私はよく話すようにしています。センターマネージャーは独身の方ですが、育児の相談にものってくれるんですよ。

また、子どもの学校行事のときは、事前にお客様にお休みのお知らせをして、別日にお届けをさせていただくこともあります。
子どもの病気など、急に休みを取らなければならなくなったときはベテランの先輩方が私の代わりにお届けをしてくれます。

日頃から周囲とコミュニケーションを取りやすい職場環境であり、そこから自然に子育てについての理解や協力に繋がり、また、臨機応変に、お互い支えあえる環境で、安心して仕事を続けることができます

 

仕事を始めたことで日々の充実感がアップ!

仕事を始める前は、朝、子どもを送り出し帰ってくるまでの時間、家にいると、一人でぼーっとした時間を過ごしてしまっていました。

しかし、働くようになってからは、毎日お客様のところへ足を運びお話をすることで、刺激をいただいています
仕事を終え、子どもが帰ってきた後は、子どもの友人と一緒に公園へ行ったり、お互いの家を行き来したりして遊んでいます。毎日とても充実しています!

趣味のバレーボールで市大会優勝!

そんな中、最近とても嬉しいことがありました。それは、バレーボールの市大会で優勝したことです
ポジションはレフトでエースを務めています。
毎日、腹筋・背筋を頑張って鍛えた甲斐がありました。

大枝 愛美さん家族

ママさんバレーを始めてもうすぐ10年になります。
ヤクルトレディの仕事を始めてからもバレーボールを続けることができ、こうして結果を残せたことは最高の喜びです

これからも、育児に仕事に趣味に打ち込み、自分と家族みんなが笑顔の絶えないように生活していきたいです。

最初の一歩を悩んでいるあなたへ

「働きたいけれど、私にできるかな?」「仕事と家事の両立ができるかな?」「子どもとの時間はきちんととれるかな?」お母さんになったら誰しもが感じたことがある不安だと思います。
悩んでいる人はまずは気軽にお話だけでも聞いてみてくださいね。

ママさんバレー姿の大枝 愛美さん
一日のタイムスケジュール

06:30 起床
08:45 保育園へ子どもを送る
08:50 センター到着
09:00 お届け業務
12:30 お昼休憩
13:30 センター業務
15:00 保育園へ子どもをお迎え
16:00 子どもの習い事
18:00 バレーボール練習
21:30 夕食
24:00 就寝
ヤクルト「マスクケースプレゼント」キャンペーン