本当の自分を生きることは、人生のハンドルをしっかりと握ること(林 裕希子さん)/私らしい生き方・働き方

林 裕希子さん親子 インタビュー

林 裕希子(はやし ゆきこ)さん

大阪府在住。夫、長女3歳10か月の3人家族。

カウンセラー、セラピストとして活動を始めて10年。専業にして8か月。
自宅サロンでカウンセリング、占い、パーソナルカラー診断・骨格診断・顔型診断・髪型診断を合わせたイメージコンサルティングをしている。

 

子育てママでも仕事ができる

自分の人生のハンドルをしっかり握って! 答えはいつも自分の中にある

まずは兼業からスタート!

私は出産後、保育園激戦区に住んでいるので、のんびり保育園待機するつもりで保育園に申し込ん
だところ、想定以上にスムーズに途中入所がきまったことがきっかけで働き始めることになりました。

元々、出産前は美容師をしていましたがすでに辞めてしまい、妊娠中は不定期で自宅サロンにて仕事をしていました。保育園が決まった時点では、まだ自営業のサロンのみで働く覚悟ができず、整形外科で秘書を兼業することにしました。

 

保育園、職場、そして夫 環境に恵まれ不安は解消

とはいえ、まだ小さな娘を0歳から保育園に預けることは、実はとても不安でした。

育児、家事、新しい仕事、自宅サロンをすべてこなすことができるどうかも不安でした。娘の体調不良などで「急なお休みをしなければならないときはどうしよう?」とも思いました。体温計

入所した保育園は小規模園だったこともあり、とてもアットホームでいつも親身でした。
また、勤めた職場も理解があり、私自身の生活や娘のことを優先して考えてくれました。

さらにありがたいことに、夫も私の仕事と育児に協力的で常に助けてくれています。出産直後から私が居なくても娘と二人で過ごせるよう、母乳育児にこだわらず哺乳瓶で授乳もしてきましたことも助けとなりました。

そうして色々な不安は、たくさんの人の協力や理解に恵まれて解決できました。林 裕希子さん家族

 

余裕を持って、あらゆる事態を想定する

それでも自分の計画や予想通りに物事が運ばず、苦労することもありました。

余裕を持ったタイムスケジュールを組む、起こるかもしれないことを色々なパターンで想定する、事前に夫に全ての情報を共有する、など…あれこれ試行錯誤しながら様々な対処法で乗り越えました。

整形外科での仕事は職場の理解もあり、急なお休みや早退をさせてもらうことがありました。その代わり、私も可能な限り他の方のシフトチェンジ希望などを受け入れ、協力するように心がけていました

 

自宅サロン運営は臨機応変に

しかし、自宅サロンでの仕事は私の代わりがいないので、自分と家族の体調管理や事前の準備に細心の注意を払いました。

また、小さい娘がいることを理解してくださるお客さまばかりですが、それに甘えるわけにはいかないので、仕事中の環境作りがとにかく大変でした。

セッションの間は娘の相手ができないので、基本的に夫が娘を連れて外出してくれています。それでも途中で帰ってきて娘が乱入してくることも…。

ブログやFacebookで娘との生活について発信していて、お客さまに小さな子どもがいることをお知らせしていることもあり、そのような場合でも、ありがたいことにみなさま笑顔で受け入れて下さいます。

新型コロナウィルスの影響から、どうしても娘が在宅している状態でセッションをしなくてはならない場合がでてきています。事前に分かっているときは早めにお客さまへお知らせし、セッション時間を長くしたり、娘同伴バージョンのメニュー設定をしたりしています林 裕希子さんセッション風景

 

自分の気持ちを整えて、家族への感謝も忘れずに

自宅サロンは日曜・祝日、主人が在宅の場合にオープンしているので、夫の協力が必須です。

来客のある日のタイムスケジュールは特に丁寧に家族に伝えるように心がけると共に、自分自身の心を落ち着かせイライラしないようにしています。

現在の仕事は自宅サロン一本なので調整がつけやすく、保育園行事の日は仕事をお休みにしています。林 裕希子さん親子

何よりも大切なポイントは『常に感謝を忘れずに』。協力してもらった日は、家族みんなが楽しめるように外食したりお茶をしたりして、ストレスがたまらないように工夫しています。

 

『笑顔』で、ありのまま、心のままに素顔の自分で生きる

実は私は、30代前半、人生の迷子のように感じていました。ずっと誰かから認められるための人生の正解を探していたのです。私の人生なのに、他人からの評価に左右されていると気付いたとき、自分と本気で向き合うようになりました

何もないと思っていた自分が「もっと、もっと…」とないものを埋めようとする日々。「自分はたくさんのものを持ってる」、「私は私で良いんだ」と思えたときに、同じような気持ちを抱えた人の力になりたいと思うようになりました林 裕希子さん

本当の自分を生きることは、自分の人生のハンドルをしっかりと握ること。答えは外にはなくて、いつも自分の心の中にあります。

玉ねぎの皮を一枚ずつ剥がすように、まとってきた鎧を外し、お客さまが前向きに変化する瞬間が私にとっても最高に嬉しいです!
そうやって私に関わってくださった方々が輝く姿を見られるのが、今の仕事の一番のやりがいです。

 

働くことは、私の生き様を表現すること

仕事も家族も、主婦の自分もママの自分も女の自分も、全部諦めない!働くことは私にとって、決して何かを犠牲にするものではなく、生き様を表現することです
妥協しないで心地いい状態を続けていきたいです。我慢がなく、常にご機嫌でいられる状態を見つけながら、変化し続けて働いていきたいです。

林 裕希子さん親子

あなたも、自分の「やりたい!なりたい!叶えたい!」と思うことは、必ず実現できます。それは可能性のある未来だから。

怖気づかず、まずはやってみてください!

 

一日のスケジュール

5:45 起床、 朝食
6:00 お弁当作り
9:00 幼稚園送り出し
10:00 仕事開始(お客さまのセッション、事務作業)
17:30 幼稚園お迎え、夕食準備
18:30 夕食
19:30 入浴
21:00 寝かしつけ
22:00 夫と洗濯などの家事、幼稚園の準備、お客さまと深夜セッションをすることも
23:30 就寝
ヤクルトレディになりたい