あと一品を速攻で! 『たまごとわかめのラク旨炒め』/忙しいあなたの救世主! 時短レシピVol.3

たまごとわかめのラクうま料理 レシピ

今回は、身近な食材でできる簡単レシピのご紹介です!

冷蔵庫の常連『卵』と長持ちする乾物『わかめ』の組み合わせなので、あと1品欲しい時にも活躍します。

忙しい朝食やお弁当のおかずに取り入れるのも、おすすめです。

 

子育てママでも仕事ができる

『わかめ』は低カロリーなのに、栄養たっぷり!

わかめは、乾物を水で戻した状態で100gあたり17kcalととってもヘルシーな食材です。食物繊維がたっぷり含まれているので、野菜が得意でない方にもおすすめ。

子どもの発育に欠かせない『ヨウ素』や『ビタミン』、『ミネラル』も含まれています。乾物をストックしておくと手軽に栄養バランスを整えられます。

定番のお味噌汁だけではなく、サラダや煮物、和え物など、幅広いメニューに活躍してくれますよ。わかめ

 

『卵とわかめのラク旨炒め』 レシピ

材料 (2人分目安)

  • 卵(Mサイズ)  2個
  • 乾燥わかめ 大さじ2(約4g)
  • サラダ油     大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 塩・コショウ    少々

 

作り方

  1. 乾燥わかめを水(分量外)でもどす。わかめ 水戻し
  2. 卵を割ってほぐしながら鶏がらスープの素を混ぜ込む。卵 鶏ガラスープの素
  3. フライパンで油をしっかり熱して卵を流し込む。フライパン 卵
  4. 卵が8割くらい固まってきたら水気を取ったわかめを入れてサッとまぜ、塩コショウで味を調える。卵 わかめ フライパン

 

よりおいしくなる調理POINT!

  • 調味料は、お好みで調整してください。
  • わかめを入れたらすぐに仕上げると、シャキシャキとした食感を楽しめます。

 

仕事・家事・育児と、慌ただしく過ぎる日々。
これならすぐにつくれる!という時短・簡単レシピを知っているだけで気持ちが軽くなります。
レシピを活用しながら、ぜひあなた自身も大切にする時間ももっていただけると嬉しいです!

 

こじゆかさん
こじゆか/KojiYuka

現役・家事代行ママ/保育士

自身も9歳・5歳の子どもを育てている。
保育士時代に保護者との関わりの中で、母親への支援が大切だと実感。
出産・育児を経験し、ママたちの近くでサポートができる産前産後・家事代行の仕事に就く。
「母になっても、やりたいことを諦めない!」をモットーに、家事代行ノウハウや簡単レシピを通して頑張るママにエールを送る。

こじゆかInstagram

ヤクルトレディになりたい