自分に自信がもてる働き方!子どもとの時間を第一に(中野 恵里香)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

中野 恵里香(なかの えりか)さん

東京都在住。夫、長女(11歳)、次女(10歳)、長男(3歳)の5人家族。

ヤクルトレディ歴3年弱。趣味は、ミシンでの洋裁。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

自分に自信がもてる働き方!子どもとの時間を第一に

私にピッタリの仕事

私が働きたいと思ったのは、「子どものやりたいことをやらせたい!」という想いがきっかけです。でも、実際に仕事を探してみると「小さい子どもがいるから、急に発熱するかもしれない…」「学校から急に呼び出されたらどうしよう…」という不安があり、あきらめてしまうこともありました。
そんな中、たどり着いたのがヤクルトレディでした。
娘のママ友からすすめられ、センター(営業所)に見学に行き話を聞いてみると、今の私にピッタリの仕事だ!と思い、始めました。

私が働き始めることで、子ども達は寂しさが大きかったように思います。息子をヤクルト保育園に預けるとすぐに泣かれました。泣き声を聞くと「ごめんね」という気持ちでいっぱいでしたが、月日が経つと「バイバイ!」とケロッと言われるようになりました。
今までの泣き声は何だったのだろう…(笑)と思うこともありましたが、日々成長する息子を頼もしく思いました。

それに、学校の急用がある時には、同じセンターのヤクルトレディに協力してもらえたこともあり、本当に働きやすい環境だと感じています。

子どもとの時間を第一に

子育てと仕事の両立をしていく中で、子ども達との時間をつくることを心がけています。ヤクルトレディになる前に受けた研修で、起床や朝ごはん、就寝の時間を決めることで、1日の使い方をコントロールできるようになるよ、と教わり実践しています。

実践していくうちに、時間にも気持ちにも余裕を持てるようになりました。
そのおかげで子ども達に叱ることも少なくなり、笑顔が増えたように思います。

絆イメージ

家族とお客さまの笑顔が私の活力

ヤクルトレディの仕事は、子ども達の行事や面談などに合わせて時間を調整でき、9時から14時くらいまでに終えられるので、子ども達との時間もつくりやすいです。
それに、保育園に預けられないから働けない…という心配もありません!

私は、働き始めてお客さまがこんなにあたたかいんだ!ということを知りました。
天気が悪いときには「ありがとう!風邪ひかないようにね。」と声をかけてくださいます。大変な時もありますが、お客さまの笑顔を見ると、「また頑張ろう!」という気持ちになります

↑ 中野さん(写真右)とご家族の写真

働きたい子育てママにメッセージ

働き始める前は、「小さい子どもがいるから、急に発熱するかもしれない…」「急用が入ったらどうしよう…」と、あきらめてしまうこともありました。でも、いざ一歩踏み出してみたら、家族や同じ職場の仲間が協力してくれるおかげで毎日楽しく仕事ができています。

ヤクルトレディの仕事は、「小さい子どもがいるから…」と一歩踏み出せない方には、ピッタリだと思います。私は、たくさんのお客さまと出会う中で、自分に自信が持てるようになりました。
興味のある方は、ぜひ一度センター見学に来てみてください!

一日のタイムスケジュール

06:00 起床
06:30 朝食
08:30 長男を保育園に
09:00 センターに到着
09:30 お届けに出発
13:00 お届け終了
14:00 翌日の準備など
15:00 保育園に長男をお迎え後、帰宅
18:00 夕食
19:00 お風呂
20:00 家事
21:30 就寝

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい