3児のワーキングママのハッピーライフ!仕事があるから、子育ても充実!(藤井 夏美さん)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

藤井 夏美(ふじい なつみ)さん

東京ヤクルト販売(株)社員
東京都在住。長男7歳、長女5歳、次女2歳の3児のママ
ヤクルトレディを3年経験し、現在は、ヤクルトの商品を地域のみなさまにご紹介する仕事をしています。

子育てママでも仕事ができる

モットーは、健康で美しくハッピーに!

私の原動力は、人の笑顔!これに尽きます。そんな私は、出産前にフィットネスのインストラクターとして仕事していました。エアロビクスやダンベルを使うレッスンを受け持ってたんですけど、お客さんが私のレッスンを受けて、「わかった!」って顔が明るくなる瞬間が大好きで。ずっと続けていきたい仕事だな、と思っていました。

でも、いざ子どもを保育園に預けて働こう!と思っても、なかなか保育園が決まらなかったんです…。

仕事を再開したのは、長男3才・長女2才ママのとき

長男と長女が年子だったこともあり、子育てにバタバタな毎日。そこで、保育園完備のヤクルトの仕事を始めました!
気づけばノイローゼになっていて、すぐ外に出て働きたい!と思っていた私にとって、保育園もあってすぐ仕事ができるのが、とってもありがたかったです。

始めてからも、インストラクターの仕事に戻りたい、という想いは漠然と持っていたんです。でも、ふと気付いたんですよね。どのお仕事でも受け手の顔がパッと明るくなる瞬間って見られるなって。商品をお届けしてて、「美味しかったよ!」「おなかの調子が整ったよ!」なんて笑顔で言われたときに、インストラクターの仕事にこだわってたけど、こだわる必要ないかも、って思いました。だからこそ、3人目の妊娠中にお休みしているときも、「早く仕事したい」って自然に思っていました。

 

仕事があるからこそ、プライベートも思いっきり楽しめる

出産前もお仕事は好きでしたけど、子育てをするようになってからはより、私には仕事が重要だな、と感じています。子育ても仕事も大変だねって思う人もいるかもしれません。

でも、私にはプライベートと仕事で気持ちの切り替えられる瞬間があることが、子育てのリフレッシュになっています。

そんな私の趣味は、スパルタンレース!大人の障害物競争のような競技なんですが、知っていますか?魅力はなんといっても、挑戦できること!うんていやロープ上ったり、槍を投げたり(笑)するんです。クリアできないと、バービージャンプ30回(笑)!

大変な競技ですけど、なかなか大人になると挑戦することって減ってきますよね。終わった後の爽快感もあって、気持ちいいんですよ。ぜひ、みなさんにも体験してほしい!

 

今日の頑張りが明日の元気につながる

仕事に趣味にいろいろ楽しんでいる私を見ているからか、子どもも元気に楽しく学童や保育園に行ってくれています。

最初は、生活リズムの変化に慣れなくて困ることもありましたが、子ども達は保育園も私の職場も大好きです。最近、毎朝つくるお弁当に「あのおかず最高だったよ~」「ちょっと苦手なあのおかず頑張って食べたよ!」って感想をくれるんです。それを聞くと、明日も頑張ろう!って思えます。

これから働きたいあなたへ。まずは、視野を広げてみよう!

すべては、自分次第です。私はインストラクターの仕事にこだわっていたこともありましたが、視野を広げてから子育ても仕事も楽しくなりました。自分が変われば、まわりも変わってきます。最初は、「保育園行きたくない」なんて言っていた子どもたちも、いまではすっかり保育園大好きです。なんでもいい方向にとらえて、前向きに進んでいきましょう!
私は、仕事をすることでプライベートも充実していますが、人それぞれです。自分の気持ちに正直になることが、私らしく生きる・働くことの第一歩かもしれませんよ。

 

ヤクルトレディの時の一日のタイムスケジュール

06:00 起床
06:30 身じたく、朝食の準備
07:00 朝食
08:15 家を出発
8:30 保育園到着
08:40 センター到着
09:00 商品のお届けへ出発
13:30 商品のお届け終了
14:00 昼食
15:00 翌日準備
16:00 保育園に子どもたちのお迎え
16:30 帰宅
17:00 お風呂と夕食準備
18:00 夕食
20:00 子ども就寝
20:30 家事や自分時間(テレビやSNS見たり)
22:00 就寝
ヤクルトレディになりたい