仕事を始めて毎日がより充実! 職場にも家にも自分を待っている人がいる(鈴木 麻里さん)/私らしい生き方・働き方

ヤクルトレディ鈴木麻里さん親子 インタビュー

鈴木 麻里(すずき まり)さん

ヤクルトレディ5年目。経堂センター所属。
東京都世田谷区在住。夫と5歳の長男、2歳の次男の4人家族。

 

ヤクルトレディになりたい

毎日に充実をくれた仕事との出逢い

ママが仕事を始めるときに、かならず悩みの種となるのが保育園の問題。
私の住む世田谷区は、都内でも待機児童数がその当時最も多いとされ、なかなか保育園に入れないと周囲から聞いていました。

その頃、保育園がついているヤクルトレディの仕事を知りました。人とかかわることが好きなので業務内容にも興味が湧き、ヤクルトで働くことを決めました。

 

女性ばかりの職場環境って・・・?

本音を言うと、最初は女性ばかりの職場になじめるかどうかが不安でした。しかし、それは杞憂に終わりました。子供のいるママが多いので、育児と仕事との両立にも一段と理解と協力があるように感じます!

サポートイメージ写真

仕事場では普段からよく子供の話をしています。先輩ママが「うちも昔はそうだったよ」と共感してくれると、ほっと安心できます。
第二子の妊娠中には切迫早産になりましたが、その際も周りの方に助けてもらいました。

職場のメンバーはみんな仲が良く、プライベートでも付き合いをする友達がたくさんできました

 

辛かった時期を支えてくれた夫の言葉

働き始めた当初、長男は1歳になったばかり。初めての保育園生活で、夜泣きが続く時期があり、私自身も仕事にまだ慣れていなかったので、精神的にとても辛い時期がありました。

そんなときは「ママが笑顔でいることが1番!」と夫がサポートしてくれました

ヤクルトレディ鈴木麻里さんご夫婦

普段は帰宅が遅い夫ですが、私が仕事をすると決めたときも賛成してくれ、とても理解があるので感謝しています。

 

ヤクルトレディの仕事を始め、毎日にメリハリが生まれる

専業主婦だった頃は、子供と「公園、児童館・・・、今日はどこへ行こう?」と毎日の過ごし方に困ることもありましたが、今は離れる時間ができたからこそ、休日の子供との時間がより充実し、楽しめるようになりました

最近ひらがなが書けるようになった長男が、ひらがな表を見ながら一生懸命書いた手紙をくれました。そこには「まま いつも ありがとう」の文字が・・・!
次男も最近少しずつ話せるようになり「まま だいしゅきー」と言ってくれることが本当に嬉しいです。

ヤクルトレディ鈴木麻里さん親子

日々成長していく子供の姿に勇気をもらいます。子供たちの存在があるからこそ、私も仕事を頑張ることができます!

 

お届けをするだけではないヤクルトレディの仕事

ヤクルトレディの仕事は、はたから見れば「自転車で宅配をしている人」かもしれません。でも、私はそうは思っていません。

ヤクルト配達イメージ

お客様は毎日私がお届けをするのを楽しみに待っていてくれます。自分の娘や孫のように想ってくださっています。私も自分の親よりも親密な話をすることもあります。この仕事をするようになってから、そんなお客様に出会えたことが本当に幸せです。

 

心に強く決めていること

だからこそ、仕事中はプロ意識を強く持ち「ヤクルトレディとして、お客様を第一に考えて行動する」と決めています

そしてもうひとつ。仕事が終わってからは「ママとして、絶対に笑顔でお迎えに行く」とも決めています

ヤクルトレディ鈴木麻里さん親子

家にも職場にも自分の居場所があり、私のことを待っていてくれる人がいることに幸せに感じます。オンオフをきちんと切り替え、いつでも自分らしく楽しく明るく生きたいです!

 

一日のタイムスケジュール

06:00 起床
07:00 朝食、子供たちの準備
07:45 保育園へ出発
08:20 センターに到着
08:45 お客様へのお届けへ出発
13:00 お昼休憩
14:00 翌日の準備等
15:00 帰宅
17:00 子供たちのお迎え
18:00 お風呂
19:00 夕食
21:00 子供たち寝かしつけ
22:00 晩酌
23:00 就寝
ヤクルト「いつもあなたと」