姉妹でヤクルトレディ!本音に迫るヤクルトレディ座談会/働きたいママ応援情報vol.26

お仕事応援情報

こんにちは。MamaYell編集部です。

このコラムでは、姉妹でヤクルトレディとしてお仕事をするお二人の座談会をお届けします。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

ホンネに迫るヤクルトレディ座談会

今回お話しいただくお二人は…

湯浅さん
8歳と6歳の男の子と2歳の女の子のママ。ヤクルトレディ歴4年、住宅地域のお客さま担当。出産・育児のため、約一年間お休み後、ヤクルトレディに復帰。趣味は、トレーニング。
岩田さん
1歳の男の子のママ。ヤクルトレディ歴2か月、オフィスのお客さま担当。趣味は、動画配信サービスで韓国ドラマを観ること。

↑ お話しする湯浅さん(左)と岩田さん(右)

姉妹でヤクルトレディをしているお二人。なぜ同じ職を選んだのか、きっかけなどを伺いました。

ヤクルトレディを始めたきっかけ

――ヤクルトレディを始めたきっかけを教えてください。

湯浅さん:子どもが幼稚園に入園したので、そろそろ仕事を始めようと思ったときに見つけたのが、ヤクルトレディの仕事でした。

岩田さん:妹(湯浅さん)が4年前からヤクルトレディをしていて、「今日はこんなことがあってね~」と楽しそうに話している姿が印象的で。その姿に惹かれて、紹介してもらいました。

――働き始める前に、不安はありましたか?

岩田さん:息子は人見知りと場所見知りが激しいので、ヤクルト保育園に預けられるかがとても不安でした。でも、通い始めると毎日とても楽しそうに過ごしてくれているんです。一人でできることも増えたし、最近頼もしくなったなって感じます。

湯浅さん:地域のお客さまに声をかけるのは、とても緊張しました。商品名を噛んだりすることもありましたが、お客さまの優しさに助けられていました。

岩田さん:私もすごく緊張した(笑)でも、お顔を見てお話させていただくと、しっかりお話を聞いていただけますし、安心しましたね。

子育てと仕事の両立

――では、子育てと仕事の両立はどうですか?

岩田:まだ慣れてないので、時間割を自分の中で決めて動くようにしています。

湯浅:時間割!?

岩田
:そう、30分ごとに大体やることを決めてる。

――湯浅さんは、どのように工夫されていますか?

湯浅私は、基本的にざっくり時間を見て動いています。長男のときは、初めてだったので比較的しっかり時間を決めて動いていましたが、そうすると時間の過ごし方が窮屈になってしまって…。

なので、最近は夕飯は17時半くらい。寝るのは20時半くらい、というのを目指して逆算して動くようになりました。基本的には、毎朝5時くらいに起きて家事を終わらせます。

――子育てと仕事の両立も、個性が出ますね。

ヤクルトレディの1日のスケジュール

では、お二人の1日のスケジュールを見てみましょう。

湯浅さんのタイムスケジュール

05:15 起床、家事、朝食・お弁当の用意
07:45 長男のお見送り
07:55 自宅を出発
08:10 長女をヤクルト保育園へ
08:50 次男を幼稚園へ
09:20 センター(活動拠点)に到着
09:30 ヤクルト商品のお届けへ
14:00 お届け終了、翌日準備、昼食など
16:00 次男・長女のお迎え
17:00 長男帰宅、夕食の用意
18:00 夕食
19:00 お風呂
20:00 就寝
岩田さんのタイムスケジュール

06:30 起床、朝食・お弁当の用意
07:00 息子起床、着替え、朝食
08:00 身支度
08:30 センター(活動拠点)に到着、お届けへ出発
14:00 お届け終了、翌日準備、昼食など
15:00 息子のお迎え
16:00 帰宅、洗濯など
17:00 夕食の用意
18:00 息子夕食、お風呂
21:00 息子の寝かしつけ、家事
25:00 就寝

続きは、こちら↓

姉妹でヤクルトレディ! 本音に迫るヤクルトレディ座談会/働きたいママ応援情報vol.27

Mama Yellは、子育てママの「働きたい!」を応援しています。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい