一歩踏み出そう!家族との時間も大切に(土居 和奏さん)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

土居 和奏(どい わかな)さん

東京都在住。2歳のお子さんを育てるママ。

ヤクルトレディのお仕事をはじめて約1年。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

一歩踏み出そう!家族との時間も大切に

ヤクルトレディを選んだ決め手は、保育園

ヤクルトレディとして仕事をする前は、飲食店で働いていました。
その仕事を辞めて、保育園つきの仕事を探しているときに東京ヤクルト販売の社員に声をかけられ、始めました。

保育園付きの仕事は見つかったものの、娘が保育園に慣れるまでは体調を崩すことが多く、とても大変でした。私自身、娘と離れて仕事に行くことに不安が大きかったのですが、家にいる時間はできるだけ娘に寄り添い、不安を取り除いてあげられるように心がけていました。

そうしているうちに、娘が保育園に慣れて楽しんでくれるようになったので安心しました。離れている時間があることで、より娘の成長を感じるようになったな、と最近感じています。

↑ 土居さんと娘さんの写真

あたたかさを感じるお客さまとの関係

ヤクルトレディの仕事を始めて驚いたのが、商品に関すること以外でも覚えることがたくさんあること。

私は、オフィスでお仕事をするお客さまを中心にお届けに行くのですが、最初はどのビルも同じに見えて迷ってしまうことも(汗)
なので、会社名や住所、入館の仕方、商品や金額などをまとめたノートを自分でつくり、少しずつ覚えていきました。

お届けをしていると新しい出会いがたくさんありますし、いつも購入してくださるお客さまが同僚を紹介してくださったり、輪が広がっていくのが楽しいです!

中には、娘の体調を気遣ってくださる方やお土産をくださる方もいて、お客さまの優しさとあたたかさにいつも支えられています。

家族との時間を大切にできる仕事

お客さまだけではなく、同じセンター(活動拠点)で仕事をするヤクルトレディにも助けられています。

ヤクルトレディの魅力は、子育てママや子育てを経験された方が多いことだと思います。急に娘が熱を出した時にも、ヤクルトレディの仲間が私の担当先に代わりにお届けしてくれるなど、協力体制が整っているので小さい子どもがいても安心してお仕事ができます。

また、事前にお休みを予定している時には、前日にお届けに行くなど仕事時間の調整ができるので、子育てや家族との時間を大切にできることも魅力の一つだと思います。

それに、家族の健康管理にもより気を遣うようになりました!

↑ 土居さんとご家族の写真

子育てママへメッセージ。一歩踏み出そう!

私も最初は、娘と離れて仕事をすることに不安がとても大きかったです。でも、一歩踏み出してみると、離れているからこそ娘の成長をより感じられるようになりました。

私は外の世界に踏み出すことで、自分自身の心の余裕も生まれて、家族と過ごす時間がより濃いものになりました。

 

一日のタイムスケジュール

06:00 起床、家事
06:50 娘が起床
07:50 ヤクルト保育園へ出発
08:20 センターへ出発
08:50 センターに到着
09:30 お届けへ出発
12:50 お届け終了、翌日の準備
13:30 仕事終了、昼食
15:00 ヤクルト保育園へお迎え
17:45 夕食
19:00 お風呂
20:30 就寝

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい