乾燥により加速するシワやたるみ!お肌をまもるには?/ヤクルトの化粧品スタッフのイチ押し化粧品 vol.19

イベント

ヤクルトの化粧品スタッフの原田です!
10月に入り、日中は過ごしやすい気候ですが、夜は肌寒くなってきましたね。

気温が下がると空気が乾燥します。
乾燥すると気になるのが、シワやたるみ
しっかりに保湿し、乾燥からお肌をまもり、シワ・たるみに備えましょう!

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

子育てママでも仕事ができる

シワ・たるみについて

  1. シワ
    シワは多くの方が悩まれる肌トラブルのひとつです。
    皮フのハリ・弾力が失われると、たるみが生じてシワとなり、できるだけで見た目の年齢が変わってしまいます。
    (原因はひとつだけではなく、さまざまな要素が複合的に絡み合っています)
  2. たるみ
    加齢によって、コラーゲンのチカラが弱くなり、表皮が徐々に下がることで、ほおや目の下の筋肉が引っ張られお顔がむくんで見えたり、フェイスラインの境目がはっきりしなくなります。
    変化に気づきにくいためケアをしない方も多く、数年後に肌悩みにつながることがあります。

これらの肌トラブルへの対策は、化粧水でお肌にしっかりうるおいを与え、乳液でその水分をとじこめるダブル保湿が効果的です。
さらにうるおいを補うためには保湿クリームを使用することをおすすめします!

私のイチ押し、ヤクルトの化粧品

保湿クリームでうるおいアップ!

みなさんは、普段から保湿クリームを使っていますか?
うるおいをお肌に閉じ込め、みずみずしいお肌に導いてくれるのが、保湿クリームです。
まだ使用したことがない方は、まず乾燥する秋・冬から使用してみるのはいかがでしょうか?
使用する順番は、必ず乳液のあとに使いましょう!

【使用する順番】

  1. 化粧水
  2. 乳液
  3. 保湿クリーム

香り豊かな保湿クリーム『リベシィ クリーム』

私がとくにおすすめしたい保湿クリームがヤクルトの『リベシィ クリーム』
のびが良く軽い感触でベタつきを残さない使用感。
乾燥をしっかり防ぎ、ふっくらとしたみずみずしいお肌へ導く保湿クリームです。

保湿のカギとなっているのは、ヤクルトの乳酸菌※1発酵技術から生まれた3つのオリジナル保湿成分です!
※1 乳酸菌由来の保湿成分配合

  1. S.E.(シロタエッセンス)※2
    ミルクを発酵させて得られる保湿成分です。
    肌なじみがよく、お肌をまもるはたらきがあります。
    ※2 乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)〈成分名:ホエイ(2)〉
  2. 乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)
    薬効が高い「アロエベラ」の葉肉を乳酸菌で発酵させて得られる保湿成分です。
    肌なじみがよく、すこやかなお肌へ導きます。
  3. 高分子ヒアルロン酸
    乳酸菌からつくり出した水分保持力の高いヒアルロン酸。
    乳酸菌はっ酵エキスとあわせて使うことで、みずみずしいお肌をたもちます。

とくに「乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)」は、ヤクルトの化粧品のなかでもリベシィシリーズ、リベシィホワイトシリーズ、ブリリアント ~ザ クリーム~にのみに配合されている成分なんです!

また、数百種類の植物の中から選び抜いた「水丁香」から抽出した植物エキス、水丁香エキス(保湿成分)が配合されています。
お肌をすこやかにたもつことでくすみを防ぎ、つや・ハリのあるお肌にととのえる保湿成分です。

香りも特徴的で、フレッシュグリーンフローラルと水丁香(すいちょうこう)の花の香りのイメージが配合されています。
緊張感を解きほぐし、森林浴をしているような、さわやかな気持ちになれるので、是非一度試してみてください♪

是非、ヤクルトの『リベシィ クリーム』で、みずみずしいうるおいのあるお肌を目指しましょう!

 

原田 花菜 / Kana Harada
【東京ヤクルト販売株式会社 BC(ビューティクリエイター】
お客さまへのカウンセリング・肌測定器による測定をとおして、お客さまに合った商品を提案するヤクルトの 化粧品スタッフ。ヤクルトレディを経てBCへ転身。

\ヤクルトレディのリアルな姿をチェック/

ヤクルトレディになりたい