テーブルを華やかに彩る「バーニャカウダソースで食べるリース風サラダ」/家族の笑顔を引き出すレシピVol.5

レシピ

すっかり冬本番!クリスマスやお正月などのイベントが目白押しな季節となりましたね。
もしご自宅でクリスマスディナーやホームパーティーなどを行うのであれば、テーブルを華やかにできるリース風サラダがおすすめです。

市販のドレッシングを使うのも良いですが、せっかくならひと手間かけてバーニャカウダソースを作ってみませんか?
実は簡単に作れて、大人にも子供にも大好評のバーニャカウダソース。
野菜が苦手なお子様も、一緒に作ることで一緒に楽しく食べられるかも知れませんね。ぜひお試しください!

※乳製品や野菜のアレルギーがある場合は、ご注意下さい。

 

バーニャカウダソースで食べるリース風サラダ

材料

  • ニンニク…100g
  • アンチョビ…100g
  • エキストラオリーブ油…80g
  • 生クリーム(豆乳でもOK!)…150ml
  • 塩…2g
  • お好みの野菜…200g
    (今回は、からし菜、わさび菜、紅芯大根、チェリートマト、蓮根、ロマネスコなどを使用しています)
バーニャカウダソース 材料

作り方

  1.  ニンニクの薄皮をむき、スライスして、フライパンでオリーブオイルと共に弱火にかけ香りを出す。
    ≪point!≫ オイルで煮るというイメージです。ニンニクを焦がさないように注意!にんにくとオリーブオイル バーニャカウダソース 作り方
  2. オイルが沸騰し始めたら、アンチョビを入れさらに煮る。にんにくとオリーブオイルとアンチョビ バーニャカウダソース 作り方
  3. アンチョビが崩れてきたら、生クリームと塩を加え、5分ほど煮る。バーニャカウダソース 作り方
  4. ③をミキサーにかけ、なめらかにしたら完成です。
    ≪重要point!≫ 熱い液体を強くミキサーにかけると内容物が噴出して危険です。蓋に少しだけ空間をつくり、様子を見ながら回してください!バーニャカウダソース 作り方 ミキサー
  5. お好みの野菜をリースのように丸く盛り付けて、ソースを添えてお召し上がりください。

バーニャカウダソースのアレンジ・保存方法

バーニャカウダソースは冷たいままでも、温めて食べても美味しくいただけます。
豆乳でも作ることができるので、乳製品にアレルギーのある方や、ヘルシーに仕上げたい方はお試しください

余ったら保存容器に入れて冷凍保存も可能です!
お野菜だけでなく、チーズやフランスパンとも相性が良いので、いろいろ試してお気に入りを見つけてくださいね。

辻亜耶
辻 亜耶/Aya Tsuji
il sole Gao マネージャー、3児の母。
2009年に東京都杉並区に親子カフェをopen。 2018年1月に東京都世田谷区にil sole Gaoとして移転。毎日多くの子連れ客でにぎわい、英語やリトミック、バランスボール等の子育て講座を多数開催。 長男の食物アレルギーをきっかけにアレルギー対応食の対応をはじめ、これまでにのべ1万人以上のアレルギー対応を行う。
同店シェフと共に企業へのレシピ提供や商品開発等に携わり、参加全員の食物アレルギーに配慮した料理教室の開催や出張料理等も行う。
また、東京都福祉保健財団 平成29年度東京子育て応援事業にて障害者施設と連携した食物アレルギー対応モデル店舗構築事業を行なっている。
il sole GaO https://ilsolegao.jp/
ヤクルトレディになりたい