専業主婦だった私が「私のペースでできる」を実現する働き方(坂本 由美子さん)/私らしい生き方・働き方

坂本由美子さん親子 インタビュー

坂本 由美子(さかもと ゆみこ)さん

東京都在住。夫、5歳と3歳の息子の4人家族。

2年半前からヤクルトレディとして働き始め、木場公園センターにて活躍中の子育てママ。

子育てママでも仕事ができる

専業主婦からヤクルトレディに

私は、2年半前にヤクルトレディの仕事を始めました。
仕事を始める前は、専業主婦でした。

1年前にも両立インタビューに掲載いただいたのですが、そこでは仕事を始める前の不安についてお話しました。

専業主婦の前に立ちはだかる壁を乗り越えて(坂本 由美子さん)/私らしい生き方・働き方

当時は、1歳になったばかりの息子を保育園に預けるのはかわいそうかなと葛藤していたんです。
どのような働き方なのか、私のペースで子育てと仕事の両立はできるのか、始める前までは人一倍不安でいっぱいだったと記憶しています。

働き始めて2年半

そんな私も、ヤクルトレディとして働き始めて2年と半年が過ぎました。
昨年に比べると、お客さまとの関係もどんどんできあがってきて更に私らしく・私のペースで働けていると感じています。

時には「さかもっちゃんだから買うのよ!」と嬉しい言葉をかけてもらうことも。
専業主婦だった時には、「○○くんママ」や「お母さん」と呼ばれることがほとんどでした。特に気にしてはいなかったのですが、最近「ヤクルトさん」から「坂本さん」「さかもっちゃん」と名前で呼ばれるようになり、働き始めたことで社会とのつながりができていることを実感するポイントの一つです。

絆イメージ

お客さまとの嬉しいエピソード

特に最近感動したお客さまとのエピソードは、ヤクルトの空容器で可愛いデコレーションをしてくださったことです。
その方のつくるジオラマをいつも楽しく見ているうちに、お互い「古写真好き」「歴史好き」ということが発覚!
そこからいろいろな古写真を見せていただいたり、私の好きな東京都電車、通称「都電」(東京都交通局が運営する路面電車のこと)の話をすると、「こんな変わったヤクルトさん初めて!(笑)」と話が尽きません。
商品のお届けに行く度にいろいろな話をするので、時間があっという間です(笑)

その中でも、いつもお届けしているヤクルトの容器を可愛くリメイクしてくださったのは、とても嬉しいです。

↑ 実際にお客さまがつくった空のヤクルト容器のデコレーション

素敵なお客さまに支えられて今の私があるので、いつも感謝しています。

目標にしている先輩の姿

はじめは子育てに家事、仕事と1日のスケジュールを組むことが大変でしたが、完璧を求めすぎないようにしてからずいぶん楽になりました。

同じ営業所の大好きな先輩たちに、働き方で悩んだときはすぐ相談しています。
先日、お届け中に商品が足りなくなってしまい先輩に「12時から○○ビルにお届けに行くので終わったら連絡します!」とメールをしたら、そのビルの中のどの会社にいるのか伝えていないのにも関わらず、お届けが終わって押し車のキャリーに戻ったら私のバッグに商品が入っていたんです!
とても頼もしく尊敬しています。

その先輩はヤクルトレディとして10年以上お仕事されている方で、私の目標です!
これからも自分を見失わずに、私のペースで私らしく働いていきたいと思います。

働きたいと思っている子育てママへ

私は専業主婦だったので、仕事を始めようと思ってもどのような働き方であれば子育てと両立ができるのかイメージが湧かず、一歩踏み出すのに時間がかかりました。

そんな時に出会ったのがヤクルトレディの仕事でした。
ヤクルトレディとして働いている方は、ほとんどが私と同じ子育てママなので、いきいき働いている姿を見て一歩踏み出す勇気をもらいました。
実際に働き始めて、仕事で困ったことだけではなく、子育ての悩みも相談できる存在が近くにいることは、心強いなと感じています。

↑ お届け先のお客さまと話しているときの私

東京ヤクルト販売では、週3日・1日4時間からの働き方も選べますし、Wワークをしている方もいらっしゃいます。

環境を変えることはだれでも不安です。
でも、もしこれを読んでいるあなたが子育てと両立できる仕事や自分のペースでできる仕事を探しているのであれば、一度ヤクルトの仕事を考えてみてはいかがでしょうか。
働いている方のほとんどは、子育てママです。
きっと、勇気をもらえるはずですよ。

 

ヤクルトレディになりたい