未経験でもチャレンジできる! 子ども優先の考え方(佐藤 恵さん)/私らしい生き方・働き方

インタビュー

佐藤 恵(さとう めぐみ)さん

東京都在住。夫と3歳の男の子の3人家族。

ヤクルトレディのお仕事をはじめて2年、池袋センターで活躍の子育てママ。現在は東京ヤクルト販売(株)の社員として引き続き、ヤクルトの商品を地域のみなさまにご紹介をしている。

子育てママでも仕事ができる

ヤクルトレディとしてお仕事するきっかけ

家の近所の商店街で採用担当の方に声をかけていただいたことが、ヤクルトレディとしてお仕事を始めたきっかけです。

子どもの預け先が一番心配でした。まずヤクルト保育園の見学に行き、そこで子どもがとても楽しそうに遊んでいたのが印象的で、ヤクルトなら安心してお仕事ができるかなと一歩踏み出す後押しになりました。

未経験でもチャレンジできる

私は、このお仕事をする前まで事務職の経験しかありませんでした。
ヤクルトレディは、ヤクルトの商品をお届けするだけではなく新しいお客さまへご提案に伺うお仕事もあるので、未経験でもできるのか不安でした。

でも、新人研修がしっかりあるうえに活動拠点(以下センター)での活動が始まってからも、周りのヤクルトレディが親切にサポートしてくださったので、安心して未経験の職種にチャレンジすることができました。


天気が仕事に影響することが大変だなと感じますが、その度に対策方法などを担当社員(以下マネージャー)や先輩のヤクルトレディに相談して、解決しています。

周りの協力があるから続けられる

子どもを預けているヤクルト保育園がセンターの隣にあるので、他のヤクルトレディが子どもを見かけると、そのときの様子を教えてくれたりするんです。子どものことも気にかけてもらえるのは、嬉しいですね。

また、子どもの体調不良などでお休みするときは、分かった段階でなるべく早めにマネージャーに相談してお休みしています。代わりに他のヤクルトレディがお届けにいってくれたり、事前に分かっている行事の時などはお客さまに相談してお届け日の変更をしてカバーしています。

子育てをする私の働き方を、ヤクルトレディだけではなくお客さまにも理解していただける環境にいつも感謝しています。

↑ ヤクルトレディとしてお仕事する佐藤さんとお子さん

「家事は助け合い、余った時間は子ども優先」

私は仕事を始めてから、考え方を「家事は手抜きでもOK!助け合って、余った時間は子ども優先!」に変えました。
家事をする時間が減った分、できる事はできるときにやる!と気持ちを切り替え、子どもとの時間は思いっきり楽しむようにしています。

夫が家事に協力的なのも両立ができている要因ですね。
夫にお願いしたい家事は、具体的に伝えています。仕事を始めたことによって、家事を分担して協力し合い、仕事も理解してくれています。

↑ 佐藤さんとお子さんがハグしている写真

働きたいと思っている子育てママへ

家事や子育てとの両立が不安でも、始めてみると周りに支えてもらえてお仕事ができます。忙しい分、子育てに行き詰まることもなくなり、時間を大切にできるようになると思います。

未経験でも、新しい職種にチャレンジしてみたら世界が広がりました。

ヤクルトレディは、お客さまからたくさんの笑顔とありがとうの言葉をいただける素敵なお仕事です。ヤクルトレディのお仕事を体験できるヤクルトレディ1日体験もありますし、当日は東京ヤクルト保育園に預けられるので、お子さまの保育園体験にもなりますよ。

ヤクルトレディのときの一日のタイムスケジュール

07:00 起床
07:30 お弁当作り、朝食、保育園の準備
08:30 子どもを保育園に預けて、センターへ
09:00 ヤクルト商品のお届けへ
14:00 お届け終了、翌日の準備
15:00 保育園のお迎え、お買い物
16:30 帰宅
18:00 夕食、翌日の準備など
20:00 お風呂や洗濯
21:00 子ども就寝
23:00 就寝
ヤクルトレディになりたい