メイクの時短! 効率をあげる3つのポイント/いつまでも美しく! ママのための簡単美容法Vol.23

鏡を見る女性 美容

いつまでもキレイなママでいたい!どんなときもかわいいママでいたい!と思う一方で、子育て中は、自分の事は後回しになりがち…。

そこで今回は育児中、自分にかける時間がなくてもキレイをキープする時短メイクの方法や、便利なアイテムをご紹介していきます。

 

子育てママでも仕事ができる

『時短メイク』のたった3つのポイント

時短メイクのポイントは3つ!

それは手際や効率をよくすること、化粧品選び、メイク直し用ポーチの見直しです。

 

【1】手際をよくする

化粧品を使う順番に並べて置く

どこに何があるか、探す時間が省けて時短になります。

 

メイクをパターン化しておく

例えば「この洋服の時はこの色とアイテムを使う」など、ご自身のメイクのパターンをいくつか決めておくと、効率がよいです。コットン

 

【2】メイク道具の見直し

大きな鏡を見てメイクをする

メイクで最も重要なのはバランスです。

眉やアイメイクの左右のバランスや、アイメイクとチークやリップの組み合わせ、そしてお洋服やアクセサリーとの色の調和が取れているかが重要です。

コンパクトな小さい鏡は狭い範囲しか見られないため、一部分だけ濃くなってしまったり、左右の眉のラインが違ってしまったりする原因に。

できるだけ大きな鏡でメイクし全体的なバランスを確認しながら、さらに魅力を引き立てましょう。鏡を見る女性

 

付属の道具ではなく、大きいサイズのものを

スポンジ、パフ、ブラシなど、化粧品に最初からついている道具は使わずに、別のものを用意しましょう。

選ぶ時は大きいサイズがおすすめです。

余計な力が加わらず広い面を一度にメイクすることができ、時間をかけずにメイクに繊細さが出ます

 

化粧品選び『一石二鳥以上のコスメ』の投入

一つでたくさん効果のあるコスメが沢山出ていますので、うまく取り入れましょう!例えば、下記のようなアイテムが販売されています。

  • 朝の洗顔と保湿ができるタイプのシートマスク
  • 基本のお手入れが一つで終了、オールインワンのクリーム
  • 乳液・美容液/下地・UVケア、ファンデーション・コンシーラーなど、様々な効果を兼ね備えたBBクリームやCCクリーム
  • チーク・リップ・アイシャドウに使えるマルチスティック
  • アイシャドウとアイブロウにも使えるパウダー
  • ひと塗りで簡単にグラデーションになるアイシャドウ
  • 3Way眉アイテム /ペンシルやリキッドアイブロウペンシル・パウダー・スクリューブラシ/ペンシル・眉マスカラ・パウダーなどが1本になったアイテム
メイク道具

 

時短メイクアイテム

その他、メイク時間を短縮するための便利アイテムはまだまだあります!

  • メイクキープミスト
    メイクの仕上げに、崩れ防止してくれるスプレーをしておくと、メイク直しが楽です。
  • 眉ティント
    あらかじめ眉を仕込んでおくと、朝時間をかけずに眉メイクが完成し、時短になります。

 

【3】おでかけ時に!メイクポーチのスリム化

子どもと一緒のお出かけは荷物が多くなりがち。メイク直しにかける時間もなかなかとれませんね。

ちょっとしたスキマ時間に効率よくメイク直しができるよう、メイクポーチを見直してみましょう!メイク道具とメイクポーチ

 

便利なあぶらとり紙がおすすめ

メイク崩れで主に気になるのは、皮脂浮きや顔色のくすみではないでしょうか。

皮脂の出やすいお顔の中心部を軽くティッシュで押さえてから、フェイスパウダーをつける時間がないときはおしろいつきあぶらとり紙を使うと便利です。

また、塗るあぶらとり紙というようなアイテムもあります。メイクしたてのようなサラサラ肌になりますよ。

 

小さいサイズをチョイス

そもそも、薄いものやミニサイズのものを選ぶと、かさばらないです。

  • ミニサイズ・トライアルサイズのコスメ
  • フェイスパウダーを携帯用容器に詰め替える

コンビニには持ち運びに便利な小さなサイズのコスメがたくさん販売されています。ぜひチェックしてみてください!

 

まとめ

今回ご紹介したテクニックやアイデアの一例、いかがでしょうか?

ここ最近は多機能コスメが数多く販売されるようになりました。便利なアイテムはこらからもどんどん増えていくはずです。ご自身に合ったものを探してみてくださいね。

無理なく取り入れ効率よく、さらにメイクを楽しめますように。

 

ママのための簡単美容法シリーズ

他の記事を読みたい!!


仲松 智子/Tomoko Nakamatsu
メイクの扉
今まで施術したお客様はのべ約2万人。
その他、生まれつきの痣や傷跡をカバーするメディカルメイク資格取得。
MIRACLE PAINT 公認ボディペインターとしても、イベントなどで活躍中。
10代の頃、お肌や容姿などのコンプレックスに悩んだのを機に美容の道へ。
国内大手化粧品メーカー2社にて美容部員として勤務。
夫の転勤・育児のため専業主婦をへて再び美容の道へ。
フェイシャルエステサロン勤務後、2014年より「メイクの扉」をスタート。
現在は一般の方へのメイク教室の運営・企業様向けの美容講習やSNS・Web記事執筆など活動中。
メイクの扉HP
ヤクルトレディになりたい