疲れがとれないと感じるあなたに 胃の調子を整えるツボマッサージ&ヨガ/ママにそっと寄り添うISO YOGA Vol.8

体調不良の女性 健康

最近、どうも疲労感がとれないと感じることはありませんか?

夏の疲れを引きずっていたり、忙しくて疲労が溜まっていたり、ストレスが影響していたりと、育児に仕事に家事に多忙なママたちは様々な要因で消化力が落ちてしまいがちです

季節の変わり目は特に疲れが溜まりやすい時期ですので、胃の調子が悪いと感じたら早めにケアをしていきましょう。

この記事では、胃の調子を改善する簡単セルフケア方法をご紹介します。

 

子育てママでも仕事ができる

胃の調子を整えるツボマッサージ&ヨガ

胃の調子を整えるツボマッサージでケア

忙しい時に1分からできるツボマッサージです。ちょっとした空き時間にぜひ取り組んでみてください。

『足三里』を押す

『足三里』は胃のツボの中でも代表的なツボです。胃をはじめとする消化器系が弱い方に良いとされています。胃腸の不調だけでなく、足の疲れや膝の痛みがあるときにもおすすめです

《ツボの押し方》
  1. 膝の皿の下部分から外側へスライドするとくぼみがあります。くぼみから指4本分下を押しましょう。
  2. 吐きながら押し出し、吸いながら緩めます。親指で押しながら小さく円を描くように指先を動かしてもいいでしょう。
  3. 5回程度行います。
足三里のツボ

 

『内関』を押す

『内関』は胸から胃にかけての不快感におすすめのツボです。胃のむかつきが気になるときに押してみましょう。ストレスや動悸への対応にも。

《ツボの押し方》
  1. 手首の皺から指3本分下にあります。手を握ると手首に縦に2本の筋が見えたらその間を押さえましょう。
  2. 手首方向に向かって押し出すようにして、息を吐きながら押し、吸って緩めます。
  3. 5回程度行います。
内関のツボ

 

『中脘』を押す

「中脘」はみぞおちとヘソの間にあるツボです。夏の疲れが残っていて食欲が出ない場合にも、ストレスで食べ過ぎてしまう場合にもおすすめです。そのほかにも、胃痛や吐き気などの胃の不快症状のほか、頭痛、むくみ、めまいが気になる際に押してみましょう。

《ツボの押し方》
  1. みぞおちとヘソの間を中指で軽く押し、息を吐きながら前かがみになります。中脘のツボ
  2. 吐ききったら、吸いながら起き上がってきましょう。中脘のツボ
  3. 5回程度行います。

 

胃の調子を整えるヨガポーズ

さらに、時間がとれるときにはヨガポーズを行っていきましょう。

コブラのポーズ

  1. うつ伏せの状態で両手を胸の横につき、脇をしめます。
  2. 息を吸いながら背筋の力で上半身を引き上げ、3〜5呼吸キープ。このとき手にはできるだけ体重をのせないようにします。
  3. 吐きながら上半身を下ろし、脱力します。コブラのポーズ

 

バッタのポーズ

  1. うつ伏せになり、両手を体側に下ろします。
  2. 息を吸いながら両手両足を床から引き上げ、3〜5呼吸キープ。
  3. 息を吐きながら両手両足を下ろし、脱力します。バッタのポーズ

 

魚のポーズ

  1. 仰向けになり、両腕を背中の下にしまい込みます。手の甲の上にお尻が乗り、上から見たら腕が上半身に隠れて見えないくらいにしましょう。
  2. 息を吸いながら肘でマットを押しつつ胸を天井へと突き出し、頭頂部をマットに下ろします。胸が開かれ、首の前側が伸びているのを味わいながら5〜10呼吸キープ。
  3. 息を吐きながら後頭部をマットに戻し、両腕を体側へ戻します。魚のポーズ

 

胃の調子を整えるヨガ動画はこちら

時間ができたらヨガ動画で動いて胃の調子を改善しましょう!自分の時間が15分できたらチャレンジ!通して行うとより変化を感じやすいですよ。

ママのための簡単ヨガレッスンシリーズ

他の記事を読みたい!!

磯 沙緒里 ヨガインストラクター
磯 沙緒里/Saori ISO
ヨガインストラクター
幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。
2002年よりヨガを始め、国内外でさまざまなヨガを学び、スタイルやシチュエーションに捉われないレッスンを行う。 ヨガ経験を問わずに受けられるレッスンは幅広い年齢層から支持されている。 ヨガコラム執筆、大規模イベントプロデュースのほか、多くの広告出演やヨガ専門誌への掲載など活動は多岐に渡る。
発酵食品マイスターとして体が喜ぶ食の提案も行い、暮らしに寄り添うヨガを提唱。オンラインレッスンを開催のほか、自宅で簡単にできるヨガ動画もYouTubeにて配信中
磯沙緒里HP
磯沙緒里Instagram

ヤクルトレディになりたい