子育てしながらヤクルトレディ! 2歳児ママたちの実情は? 『Mama Yell』初回スペシャル放送後半

実際にヤクルトレディとして働く藤田奈美さんと濱口柚花さん イベント

多様な人が活躍できる社会をコンセプトに、各分野のプロフェッショナルや企業担当者をゲストに迎え、心豊かな生活や社会に役立つ情報をレインボータウンFMから全国に生放送している「ママそらラジオColorful Style Lab」(毎週土曜日10時~11時)。

この番組の中に、「子育てと仕事の両立応援」のテーマのもと、気になる話題や情報を月1回お届けする「Mama Yell」と題した新コーナーが、2019年10月26日(土)よりスタートしました。

記念すべき第1回目の放送は10:00~11:00と1時間スペシャルにて、前半・後半に分けてお届け!
後半(10:31~11:00)はゲストとして、実際にヤクルトレディとして働く藤田奈美さんと濱口柚花さんをお招きいたしました。
※東京ヤクルト販売の運営する『ヤクルトレディのお仕事情報!』のHPはこちら

前半の内容はこちらからチェック!

東京ヤクルト販売株式会社 営業事業本部 宅配ユニットSNS空中戦略チーム主任の関 孝彦さん

全国約3万4000名在籍するヤクルトレディの多様化する働き方とは? 子育てと仕事の両立応援ラジオ『Mama Yell』 スタート!

ヤクルトレディになりたい

2歳児のママで子育てとお仕事を両立真っ最中!

藤田奈美さんと濱口柚花さんは2歳のお子さんのママで、ヤクルトレディ歴も約1年半と境遇も近いお二人。ヤクルトの豆知識や最近嬉しかったことなどを伺いながら和やかに後半がスタートしました。

実際にヤクルトレディとして働く藤田奈美さんと濱口柚花さん

子育ては初めてのことづくしで心の余裕がなかった

そうして話はヤクルトレディになったきっかけに。

濱口さんは子育ては初めてのことづくしで心に余裕がなくなってしまっていたからこそ、外に出たいと働くことを決意したと語ってくれました。
実際に働き始めて育児との両立はどうなのか、子どもが病気になってしまったり、行事ごとの時は?気になる質問と現場の声が飛び交います。

濱口柚花さん

スタジオ内はみんなママ。子育て中、悶々と悩む気持ちに共感する藤田さん、プレゼンターであるフリーアナウンサー河田京子さんとママそら代表の奥田絵美さんで話はぐんぐん盛り上がりました。

フリーアナウンサー河田京子さんとママそら代表の奥田絵美さん

お届け時にお客様との会話が楽しみに

子育てとの両立はもちろん、実際にヤクルトレディのお仕事はどんなものなのかも気になりますよね。働いている時間や内容もばっちり聞いていますよ!

最初は右も左もわからず戸惑いも大きかったけれども、今では自分を待ってくれているお客様がいる、お客様との会話が楽しみでやりがいにつながっていると語ってくれた藤田さん。

どんどん核家族化が進む社会の中、ヤクルトレディになったことで地域でのコミュニティを作り上げられることが魅力!と仕事のやりがいや良かったと思うことについても掘り下げます。

藤田奈美さん

気になる放送動画はこちらから

子育て真っ最中ながらもヤクルトレディとしてお仕事を続けるお二人のリアルな声がつまった放送動画はこちらからご覧ください!

次回の放送は、11月23日(土)!

「Mama Yell」次回放送は、2019年11月23日(土)
次回もヤクルトレディの髙桑 佑花さんと濱田 理恵子さんをお招きして、また違った視点からお話を伺います。
皆さまぜひ!お聞きくださいね。


放送日時:2019年11月23(土)10:30~11:00予定
「ママそらラジオColorful Style Lab」内(毎週土曜日10時~11時)

生放送・全国で視聴可能です!
①レインボータウンFM局スタジオ観覧
東京メトロ東西線の木場駅より徒歩2分 深川ギャザリア内
http://792fm.com/map

②スマホ・PCで視る
USTREAM 同時刻に動画配信
▼USTREAMチャンネルURL
http://www.ustream.tv/channel/rainbowtownfm

「子育てと仕事の両立応援サイト Mama Yell」Facebookページ ライブ配信
▼FacebookページURL
https://www.facebook.com/MamaYellLab/
※放送中の動画に感想や質問をコメントをいただくとその場で回答することも

③スマホ・PCでラジオを聴く
リスラジのレインボータウンFMを選局下さい。
以下のURLをクリック(タップ)して下さい。
http://listenradio.jp

 

過去放送分をご紹介しております記事の一覧をご覧になりたい方はこちら

ヤクルト「いつもあなたと」